三雲より信楽へ向かう途中の山中に、行場不動の滝(三雲大日不動明王)と書かれた

看板が目に入り、そこより約10m下ると、大きな岩と生い茂る木々におおわれた

神秘的な滝が現われる。


岩には昔行者が滝にうたれ修業した記録のような文字が浮かび上がっている。