金勝寺の大菩提寺に対して、少菩提寺と呼ばれていた寺であるが、早くに廃寺となった。


寺跡には現在遺物として、石仏と多宝塔が残っている。


竹林の中にある高さ4、5mの多宝塔は、銘をもつ多宝塔として全国でも同種の物は十数基に過ぎず、

重文に指定されている。


他にも近くに巨岩に刻まれた閻魔大王像や石仏がある。