上乗寺(臨済宗)は、古くは雲野山天号寺と称したらしく、南禅寺仏燈国師の開山という。

織田信長が三雲城を攻めたときにその兵火にあい焼失。その後大厳が中興し、慶安元年(1648)

木食回道が住み観音山上乗寺と改めた。


その後再度火災にあい全焼、現在地の神明宮境内に建立し、円通山上乗寺と改めた。

本尊は国指定文化財の木造十一面観音立像で、裏山を借景した美しい庭園がある。