三雲山の山麓にたたずむ妙感寺は、閑静で情緒的。

南朝の忠臣藤原藤房が建立したと伝えられる。


一段高いところに建つ石造の五輪塔は、

藤房の墓と言われる。


さらに50mほど登ると、巨岩に浮き彫りされた

鎌倉時代の磨崖地蔵菩薩がひっそりと立っている。